お葬式のあり方は故人や遺族の遺志を尊重するのが重要

誰かが亡くなると、通常だとその日、あるいは翌日の夜にお通夜が行われて、その次の日に告別式が行われるケースが多いものです。
日本ではこれが大まかなお葬式の流れとして理解している人がほとんどですが、もちろん宗教や宗派によってはお葬式のスタイルはこれのみに限定されることはありませんし、さらに故人の生前の遺言や意志などによってあらかじめ決められた手法に則ってお葬式が執り行われる場合もあります。
例えば遺骨を思い入れの深い場所や自然の中に散骨したり、墓地などの代々決められた場所ではなく樹木の麓に撒いたりするやり方も最近では大きな人気を呼んでいます。

All About情報のお得な利用法をお教えします。

また、お葬式のスタイルは遺族の側の意志によっても様々な選択肢の中から選び取ることが可能です。

あまりに規模が大きなお葬式を執り行った場合、遺族の体力的、金銭的な負担も大きくなり、後で疲弊したり、わだかまりを残したりするケースも多いもの。
そういった煩わしさを払拭して自然体で和やかに故人とのお別れの時を持つためにも家族葬というあり方を選ぶケースも増えています。

文京区の葬儀にまつわる情報をまとめています。

これはごく身近な親族だけが集まって故人を囲み、和やかに食事をとりながら在りし日の思い出話などに花を咲かせた上で最後のお別れを執り行うというもの。

第三者への挨拶などに振り回されることもないので、誰しもがゆっくりと最後の時を噛み締めることができます。



この場合、後日改めて多くの関係者を招いたお別れの会を開催することも可能ですし、より幅広い選択ができるのも大きな利点と言えるでしょう。